2014年11月17日

開けてびっくり福袋

年末年始になると無性に福袋が欲しくなって、ファッション系福袋をつい何個か買ってしまいます。

大体、一万円前後の物を買ってますが、もっと安い物を購入しても、結構お得な物が入っている時がありますね。

最近は、「中身の見える福袋」なんていう物もあり、最初から中身が分かっている状態で買う事が出来る物も多いです。

それって失敗は少ないのだろうけど、開けてびっくりなワクワク感がないですよね。

以前買った福袋、形の良いダウンジャケットが入っていた時は嬉しかったですね。

それは、今でも着ています。

もしも自分の好みじゃない物が入っていたら、オークションなどでバラ売りするのも手ですね。

好みじゃない物は新品のまま売ってしまうか、友達と交換したりすると無駄がないですね。
posted by mikiko8782 at 10:39| 福袋の思い出コラム | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

期待していたけど失敗福袋

お気に入りのブランド服がありその福袋が発売される、お正月に福袋を購入しました。

やっと買えたと、とても楽しみに期待していたのですが、入っていたものは、奇抜なお色、もうすでにもっているもの、売れ残り品、こんなのきないよという奇抜なものでした。この頃はまだ福袋用の為に作られた量産品の服というものではなかったと思います。

奇抜なお色は紫、これ一枚で誰がきるんだろうという派手な色、セール品で買ったお色違いの売れ残った方の同じもの、このブランドにしてはこういうのがあったのかなというお品、たまにこれ誰がきるんだろうというようなデザインのものをショップで見かけたりする奇抜なお品、福袋というより処分袋という散々な結果になってしまいました。
posted by mikiko8782 at 09:01| 福袋の思い出コラム | 更新情報をチェックする

2014年11月15日

福袋は品質と品数とレパートリーを重視

福袋を数年前から買い始めたました。
洋服の福袋が多いのですが、私は少し変わった買い方を。
福袋独特のワクワク・ドキドキ感が好きなので、福袋はなるべく一度も利用したことがないお店の福袋。
もちろん、そのお店のお洋服のテイストをしっかり見て、好きそうなデザインや使いそうなアイテムを販売しているお店か判断してからですが。
そして、福袋なので、もちろんお得感も欲しく、いつもは値段的に手が出しづらいお店をチョイス。
スカート一つでこの値段?と、躊躇し買えなかったお店でも、たくさん入っててこのお値段!と、買いやすい。
お値段がしっかりしているものはデザイン性が優れているので、普段自分では選ばない服が入ってても面白い。

着方が分からない服が入ってても、笑えて、それはそれで楽しいので、お得感で福袋を買うより、好奇心で買ってみるのもいいのかも。
posted by mikiko8782 at 21:02| 福袋の思い出コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。