2014年11月16日

期待していたけど失敗福袋

お気に入りのブランド服がありその福袋が発売される、お正月に福袋を購入しました。

やっと買えたと、とても楽しみに期待していたのですが、入っていたものは、奇抜なお色、もうすでにもっているもの、売れ残り品、こんなのきないよという奇抜なものでした。この頃はまだ福袋用の為に作られた量産品の服というものではなかったと思います。

奇抜なお色は紫、これ一枚で誰がきるんだろうという派手な色、セール品で買ったお色違いの売れ残った方の同じもの、このブランドにしてはこういうのがあったのかなというお品、たまにこれ誰がきるんだろうというようなデザインのものをショップで見かけたりする奇抜なお品、福袋というより処分袋という散々な結果になってしまいました。
posted by mikiko8782 at 09:01| 福袋の思い出コラム | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。